「円高と円安」について

FX 初心者はなおの事、円高と円安について勉強しておく必要があります。円高とは為替相場において円が他国通貨に対し、価値が下がることを意味します。1ドルが100円から90円になった場合、これが円高です。


1ドルを購入するために必要なお金(日本円)が100円から90円に減ったので、ドルに対して円の価値が高くなったということになります。


つまりそれまでは100円を支払い買っていたドルが90円で手に入るようになり、円の価値がドルに対して上がったことになるわけです。



それに対して1ドル90円だったのが100円になれば、円安。1ドルを手に入れるために必要なお金(円)が90円から100円に増えたことになり、ドルに対する円の価値が低下したことになります。


これまでは90円で買えていたドルが100円でないと購入できないということですから、日本円の価値がドルに対して下がったということです。


円の価値が他国の通貨に対して高くなるか、それとも下がるかで円高円安が決まります。ニュースで耳にする「現在の外国為替市場は前日に比べて円安、または円高~」という話は今の為替相場ではアメリカドルに対して円安、または円高になっていることを指しています。



ニュースや新聞では単に円安・円高つまり、ハイローオーストラリアのどちらかとしか表現されませんが、実は円高とドル安、円安とドル高は表裏、セットになっているのです。

このようにある国の通貨の価値が高くなれば、対する他国の通貨の価値が低くなる。これをよく頭に入れておきましょう。なぜならこの考え方がFXの基本となるからです。
 

【FX用語解説】「レバレッジ」

FX取引では、小さな資金で大きな額の取引をおこなうことができますが、それは「レバレッジ」という仕組みがあるからです。レバレッジは、てこの原理の「てこ」を意味しています。つまり、少ない資金をFX業者に担保として預けても、その何倍もの額を取引することができるのです。レバレッジは1倍、3倍、5倍、10倍、25倍などがあり、自分で好きな値に設定できます。5倍であれば、20万円預けるだけで、100万円分の取引をおこなえます。