「通貨ペア」について

「通貨ペア」と言うのは、交換する2国の通貨のセットの事です。例えばアメリカドルと日本の円の間での交換をする場合、米ドル/日本円 (FX ブログにある通り、ユーロとアメリカドル間ならユーロ/米ドルを通貨ペアと呼びます。)


これを文字で示したものは「通貨ペア表示」と呼んでいます。この表は日本語での表示、英語での表示の場合が有り、それは、FX会社によって異なります。ここに代表的な通貨ペアの日本語および英語での表示を書いておきます。


通貨ペアの日本語と英語の表記法

USD/JPY 米/ドル円        NZD/USDニュージーランドドル/米ドル

EUR/JPY ユーロ/円       TRY/JPYトルコリラ/円

EUR/USD ユーロ/米ドル       ZAR/JPY南アフリカランド/円

GBP/JPY 英ポンド/円       HKD/JPY香港ドル/円

GBP/USD 英ポンド/米ドル     SGD/JPYシンガポールドル/円

AUD/JPY 豪ドル/円         NOK/JPY ノルウェークローネ/円

AUD/USD 豪ドル/米ドル        USD/CHF 米ドル/スイスフラン

CAD/JPY カナダドル/円       GBP/CHF英ポンド/スイスフラン

CHF/JPY スイスフラン/円      EUR/GBPユーロ/英ポンド

NZD/JPY ニュージーランドドル円   EUR/CHFユーロ/スイスフラン


FXに於ける通貨の選び方や、ユーロ/ドルなど外貨同士の通貨ペアの見方を説明していきます。


通貨ペアをどのように見れば良いのか


通貨ペアの表示には、どこの国の通貨を右または左側に表示するのかと言う事に一つの約束があります。向かって左側に表示されている通貨を主軸通貨と言い、右側に書かれている通貨が決算通貨と呼ばれます。


ここで、ドル/円 を例に具体的に見てみましょう。向かって左に米ドルが書かれていますから即ち米ドルが主軸通貨になります。向かって右側に円が書かれておりこれが決算通貨ですね。通貨ペア表示はつまり、単純に言うと左側に書かれた主軸通貨を右側に書かれた決済通貨で交換すると言うことを示しています。


FX で利益、損失スワップポイントが発生するのは決算通貨に於いてです。上の場合だと要するに円ですね。ユーロ/米ドルでの取引では利益、損失、スワップが米ドルで実際には発生しています。


でもこれでは日本では、分かりにくいことからFX会社はこれを自動的にその時点でのドルと円のルートに於いて日本円に換算したものを、取引システム上に表示する方法を取っています。FX の業界用語ではこれを「自動円転」などといいます。


通貨ペアを表示する際の決まりごと

話はそれますが、通貨ペアには昔からきまった通貨の格付けというのがあるのをご存知でしょうか。これは何世紀にも渡って使われてきた約束で、通過の世界では英国連邦に加盟している国及び地域の通貨 また英国を宗主国としている国の通貨が絶対に主軸通貨とされるという決まりごとがあるのです。


かつて世界の海を制覇した英国、ユニオン・ジャックやエリザベス女王の名は今日に至っても力を持っているということですね。外国為替では英国、米国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、香港などがそうですね。つまりこれらの通貨との取引で円を主軸通貨にする事はできないのです。これはとても残念な事です。


上で見てきたようなことから、通貨ペアに於いて円は必ず向かって右に決算通貨として表示されている理由が分かると思います。ですから、表示はいつも 米ドル/日本円、豪ドル/日本円、NZドル/日本円、ランド/日本円、香港ドル/日本円となっているのですね。 余談ですが、http://www.xeマーケット.com/では、通貨ペアについて親切な解説してくれるので初心者の方に向いていると思います。

 

【FX用語解説】「レバレッジ」

FX取引では、小さな資金で大きな額の取引をおこなうことができますが、それは「レバレッジ」という仕組みがあるからです。レバレッジは、てこの原理の「てこ」を意味しています。つまり、少ない資金をFX業者に担保として預けても、その何倍もの額を取引することができるのです。レバレッジは1倍、3倍、5倍、10倍、25倍などがあり、自分で好きな値に設定できます。5倍であれば、20万円預けるだけで、100万円分の取引をおこなえます。