「利益・損失の計算方法」について

二国間の通貨の交換という段階で、各通貨の価格に変化が生じます。それによってトレーダーは得をしたり損をしてりする訳ですが、この原理は株式の売買の仕組みとほぼ同じと言えます。


まず、建て玉(売り又は買い)をして、マーケットの動きによって、予想した方向に動けば儲けを出し、その逆は損をする、というケースもあります。例としては、1枚について1万ドルの売買をしたとします。


1万ドルはだいたい100万円に値する取引です。これは結構手の出しにくい金額ですよね。その点FXでは、かなり低めの10分の1以下の約10万円(=1枚当たりの証拠金10万円×10)で売買を進めて行く事が可能となります。


では具体的な例を出してみましょう。


現在ドル円が1ドルに対して100円であるとし、ドル高、円安だとふみ、ドル買い、円売りの位置に立ったとしましょう。もし、予測が当たり、マーケットがドル高、円安方向へ動いたとして、ドル円が105円になった場合は5万円稼いだということになります。


この場合、儲けた額は1ドル当たりの円の変動幅5円×ドルの持ち高1万ドルで算出します。これがいわゆる勝ちのトーレドということになります。逆に、予想が外れて、マーケットが円高の方に動いたとして、95円になってしまったら、5万円の損失となってしまいます。


利益が生じたケースでは、105円-100円) × 1万ドルということで、5万円の利益。損失が出たケースでは、(100円-105円) × 1万ドル ということで 5万円の損失ということです。


FXでは開始方法が2種類あり、買い持ち(ロング)からの開始、そして売り持ち(ショート)からの開始となります。まだFXに馴染みのない方は、円高に対しては買い持ち(ロング、円高に対しては売り持ち(ショート)からの開始としたらよいのではないでしょうか。


利益が生じたケース:(100円-95円) × 1万ドル = 5万円の利益
損が生じたケース:(100円-105円) × 1万ドル = 5万円の利益


FXというのは、証拠金を担保にした取引となります。ということは、ある一定の数字を超えた価損が生じた場合、そのポジションを維持できなくなってしまいます。

引用: XE市場.com


仮に、最初に10万円の資金で売買していても、ある一定以上の損失が生じた場合、ポジションをキープする為には、資金を追加する必要があります。もしこれをしないと、強制的に閉じられてしまうケースがあるからです。

最初に入れた資金が100万円で10枚(10万ドル)の売買、または最初の資金が1000万円で100枚の売買をした場合、損失が更に大きくなった際にはさらに資金を入れないと、引き続き取引を行うことが出来なくなる場合があるということです。


初心者にとってはここがトリッキーになるかもしれません。もし投資した100万円のほとんど、または全てを損失ということになった場合、潔く損切りということでポジションを終了して損失を確定する、という判断を下すのは、中々難しい事ではないでしょうか。多くのトレーダーは、ここでさらに証拠金を増やして、相場の動きに変化が起こるのを待ち、次のチャンスを狙ってしまうのが人間の心理ではないでしょうか。


しかしこれでは結果的に想像を超えた莫大な損失を出し、取り返しのつかない事になってしまうリスクがあります。気をつけましょう!


現物取引とレバレッジ取引の二つを比べた時、異なる点は、リスクのとり方と売買のやり方です。ですが、現物取引と同様に売買してしまうと、損失が生じた時に大損をする可能性があります。


予想が当たれば1万円儲かる、外れれ1万円損する、という単純な原理に基づいて考えれば、100万円勝つチャンスがあるということは、同額を負けてしまうチャンスも同等にあるということです。いつも常に儲けが出る訳ではないということを覚えておきましょう。一番大切な事は、自制心を持って取引に挑むということです。

 

【FX用語解説】「レバレッジ」

FX取引では、小さな資金で大きな額の取引をおこなうことができますが、それは「レバレッジ」という仕組みがあるからです。レバレッジは、てこの原理の「てこ」を意味しています。つまり、少ない資金をFX業者に担保として預けても、その何倍もの額を取引することができるのです。レバレッジは1倍、3倍、5倍、10倍、25倍などがあり、自分で好きな値に設定できます。5倍であれば、20万円預けるだけで、100万円分の取引をおこなえます。